【トラックボールマウスM570】購入して1か月使った感想

雑記

トラックボールマウスってご存じですか?

マウスに丸い球がついていてその球を指でコロコロ動かしてマウス操作をするやつです。

普通のマウスとは使い勝手が違うため、トラックボールマウスに興味があるけど購入に悩んでいるといった方も多いのではないでしょうか。

僕もそんな一人で購入まで1か月ぐらい悩んでいました。

でも、実際に使ってみると想像以上に使い勝手がよく、もっと早く買えばよかったと思っています。

トラックボールマウスに興味を持った理由

慣れるととても使いやすいらしいbyパソコンに詳しい友人

初めに興味を持った理由はパソコンができる友人が使っていて僕に魅力的な一言を言ったためです

パソコン<br>出来る人
パソコン
出来る人

これを使ったら普通のマウスには戻れないよ

実際に触ってみたものの今まで使ってきた直感的にマウスを動かして操作する方法とは全然操作性が異なるため、その時はトラックボールの良さを理解できませんでしたがトラックボールマウスに興味が出てきました。

マウスパットが不要でガラスの机でも使える

僕の普段使っている机はガラス製です。

なので光学式マウスのようにLEDの反射を利用した場合、ガラスのようなツルツルな面ではマウスの動きを検出することが難しく、マウスパットが必要でした。

トラックボールマウスの場合だと、マウス本体を動かして動きを読み取るわけではないため、そのような机の素材による反射問題に悩むことが無くなります。

クッションの上だろうがマウスポインタを操作することができるのです。

手首への負担が少なく腱鞘炎対策になる

長時間マウスを触っていて疲れたりした経験はありませんか?

通常のマウスの場合、手でマウスを頻繁に移動させなければならず、手や手首に負担がかかってしまいます。

トラックボールマウスの場合は、ボールを指先で回してマウスカーソルを操作するため、手首や腕を動かす動作が不要になります。

なので長時間マウスを使った作業を行っても疲れにくいといった効果も期待できます。

親指トラックボールマウス ロジクール M570を購入しました!

購入理由の決め手はやはりAmazonのトラックボールマウスのランキングの高さと、実際に家電量販店で触ってみて手に馴染んで使いやすそうだと感じたためです。

また、以前からマウスはずっとロジクール製品を使っていたので買い替えるならロジクール製品と思っていました。

ロジクール製品同士の場合、レシーバーが他のマウスと共有できるのでめちゃくちゃありがたいです。

レシーバーをつけっぱなしにしておけば、いつでもお気に入りマウスを複数台のパソコンで使いまわすことができます。

使用した感想(初日)

トラックボードの回転がザラザラ

もっとツルツル動くイメージでしたがトラックボードの感触が想像と違ってざらざらしています。

なんかこすれているような感触でしょうか。

以前、店頭で触ったときはスムーズだったので使い始めだからなのでしょうか・・・しばらく様子をみてみます。

マウスポインタの操作が難しい

これは購入前から想定していましたが、普通のマウス操作に慣ている僕のからだは勝手にマウスを動かそうと動いてしまいまいそうになります。

マウスの裏面のグリップによってなんとかトラックボールマウスだったということを思い出しました笑

慣れればとても使いやすくなるという噂を信じて、日々使うことでトラックボールに慣れるようにしていきたいと思います。

使用した感想(1か月後)

トラックボールの回転がとてもスムーズに

使っているうちにトラックボールの動きがサラサラになりとてもスムーズな操作が可能になってきました。

この回転させる感触がなんとも言えません^^

マウスポンタの操作も慣れました

毎日使ったおかげでマウスポインタの操作も大分上達することができました。

今ではとくに不自由なく操作できています。

僕のもっているパソコンはデスクトップとノートpcの2台ですが、このマウスが良すぎてどちらのPCにもこのマウスを使うようになってきました!

改善して欲しいところ

オススメポイントはいろいろ書きましたがもちろん満足できない部分もあります。

スクロールホイールが安っぽい

このマウスのスクロールホイールの感触だけはどうも好きになれません。

回転させるときのカタカタとする感触が安っぽさを感じます。

Logicool製の他のマウスのスクロールホイールはどれも素晴らしいのにM570は微妙です・・・

進む・戻るボタンの場所に慣れることができない

以前使っていたマウスでは進む・戻るボタンを親指で操作していたため、このM570のボタン位置には未だに慣れません。

人差し指は通常左クリックボタンに置いているため、進む・戻るボタンを押す際には指を移動させなければいけません。

M570の掃除方法

トラックボールマウスはボールを転がして操作するため、どうしてもボールの隙間に誇りが溜まってしまいます。

M570では裏面からボールを指で押すことで簡単にボールを取り外すことができます。

メンテナンス性の高さも選ぶ時の大きなポイントです。

まとめ

  • 机の素材によらず操作可能
  • マウス本体を動かさないので場所をとらない
  • 慣れると快適な操作
  • 腱鞘炎になりにくい
  • 操作に慣れるまで時間がかかる
  • スクロールホイールが安っぽい
  • チルトホイールボタンがない(ホイールを左右に押す)

慣れるまでは練習が必要なのではじめは不便に感じることも多いかと思いますが、慣れてしまえば昔のマウスに戻れないぐらい快適で購入して正解だと思っています。

M570を買おうか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました